新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ サイドステップカバー

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ サイドステップカバーの画像とインプレです。

プラド150後期型の純正オプションのサイドスポイラーは、モデリスタ ウイングデッキと、サイドステップカバーの2つがあります。

このうち、モデリスタ ウイングデッキについては、後期型で新たに設定されたもので、電動格納式のサイドステップが内蔵されているのが特徴ですが、約35万円と高価格で、気軽に装着できるものではありません。

それに対して、サイドステップカバーは、前期型から設定されているもので、塗装込みで63,000円とリーズナブルな上にボリュームのあるデザインなので、モデリスタのフロント&リヤとセットで装着すると、迫力のあるフルエアロを20万円弱という安価で実現することができます。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ サイドステップカバー

本来、サイドステップカバーはモデリスタエアロとの同時装着を前提としているものではありませんが、ほとんど違和感はありません。

むしろ、迫力のあるフロントスポイラーに対しては、モデリスタ ウイングデッキよりもこちらのサイドステップカバーのほうがバランスが良いと思えるほどです。

もともと黒くて薄いサイドステップがカバーによってボリュームアップする上に、ボディ同色になるのでボディの厚みが増して車が大きく見えます。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ サイドステップカバー

サイドステップカバーは、その名のとおりサイドステップのカバーです。

プラドにはもともとブラックのサイドステップが標準装備されていますが、それにさらにボリュームを持たせるのがサイドステップカバーで、ステップもシルバーになるので、特にホワイトボディの場合はかなり雰囲気が変わります。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ サイドステップカバー

サイドステップカバーはボディの迫力を出すのに最適ですが、逆にタイヤが貧弱に見えてしまうという欠点もあります。

特に後期型モデリスタエアロと合わせてフルエアロにする場合は、20インチ以上のアルミに変更しないとアンバランスに感じてしまいます。

ホイールの変更予定がないのであれば、モデリスタエアロやサイドステップカバーの装着は慎重になったほうがいいかもしれません。

この写真は納車前に撮ったものなので、まだ純正ホイールになっていますが、納車時には22インチアルミが装着されているので、22インチ装着時の画像はアルミホイールの紹介ページに載せたいと思います。(後日UP)

純正のサイドステップカバーは非常にコストパフォーマンスに優れているのですが、装着している人も多いので、他の車との差別化を図りたいという場合には、社外のものを検討してみるのもよいでしょう。

楽天市場 で検索すると、いくつか社外パーツが見つかります。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較