新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ 静音計画 風切り音防止モール

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ 静音計画 風切り音防止モールのインプレです。

クラウンなどの高級車には、前後ドアの間にゴムモールが付いていますが、プラド150には付いていません。

そこで、エーモンの静音計画 風切り音防止モール ドア用 を取り付けてみました。

静音計画シリーズは、フロアに敷く防音マットやボンネットの裏に貼る騒音低減シートなど、様々なものが発売されていますが、静音計画 風切り音防止モール ドア用 は、もっとも手軽で、しかも安いので、特におすすめです。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ エーモン静音計画 風切り音防止モール ドア用

取付は簡単で、リヤドアのエッジに差し込むだけです。

下まで差し込んだら、不要な部分をハサミやカッターで切るだけなので、誰でも簡単に取付できます。

1つで左右両方取り付けられる長さになっています。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ エーモン静音計画 風切り音防止モール ドア用

プラドの場合、窓枠部分にはゴムが付いているのですが、ドア部分にはゴムが付いていないので、ここに風切り音防止モールをはめ込んでいきます。

構造上、窓枠部分のゴムと完全にはつながらないのが残念です。

実は、このパーツの本来の目的は風切り音の低減なのですが、実際にその効果を体感するのは難しく、自分の場合はリヤドアヒンジ周りの汚れを防止するために装着しましたので、本当は窓枠部分のゴムとピッタリつなげたかったのです。

それと、ドア下部のほうはデザイン上曲がりが大きくなっていて、差し込みにくくなっているので注意が必要です。

定期的に浮いてきていないかチェックする必要がありそうです。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ エーモン静音計画 風切り音防止モール ドア用

写真ではわかりにくいですが、ドアを閉めると、このように隙間が埋まって高級感が出ます。

ドアが閉まりにくくなるといったこともなく、メリットは感じにくいですがデメリットもないです。

自己満足に近いかもしれませんが、「風切り音の低減+ドア内側の汚れの防止+ちょっとだけ高級感アップ」と考えれば、価格相応の価値はあるのではないでしょうか。

静音計画 風切り音防止モール ドア用

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較