新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ナンバーフレーム デラックスタイプ

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ナンバーフレーム(デラックス)のインプレです。

プラド150には、純正ディーラーオプションとして、ナンバーフレームが2タイプ設定されています。

1枚3,150円のプレステージタイプと、1枚2,100円のデラックスタイプがあり、プレステージタイプのほうが若干厚みがあって豪華な雰囲気になっています。

しかし、プレステージタイプはシャンパンゴールド塗装が施されていて、上部のメッキガーニッシュと雰囲気が合わない気がしたので、デラックスタイプを選択しました。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ 純正ディーラーオプションのナンバーフレームデラックスタイプ

デザインはごく普通で、可もなく不可もなくといった感じですが、上部のガーニッシュやトヨタエンブレムとも質感が合っているので、まとまりは良いです。

余談ですが、ナンバーの左側に黒いボタンがふたつあります。これはドアロックのスイッチです。ロックとアンロックが別々のボタンになっているので、「どっちがどっちだっけ?」とわからなくなるときがありますので、ひとつにまとめてもらえるとありがたかったと思います。その上の黒い部分は、バックドアハンドルになっていて、ここのレバーを操作してバックドアを開けます。

プラド150後期型は、ナンバーの周りにかなりスペースがあるので、どんなデザインのものでも使えそうで、純正品にこだわる必要はなく、社外品でもっと安いものを付けても構わなかったのですが、リヤのナンバーは封印があるので、基本的に納車前に準備しておく必要があり、価格もそれほど高くないので車と一緒に1枚だけ注文しました。

封印後でも装着できるナンバーフレームも出回っていますが、フィット感や装着時のキズ防止などいろいろなことを考えると、ディーラーオプションで用意しておくのが一番無難でしょう。

フロントに関しては、封印がなくボルト2本で簡単に脱着できるので、以前の車で使っていたものをそのまま使いました。

車のボリュームがあるので、ナンバーフレームもボリュームのあるデザインのものを装着しても違和感はありません。

なお、純正オプションのナンバーフレームは、フレーム2枚とロックナットボルトのセット(別々よりも若干割安)も設定されていますが、これを購入するよりも、リヤ用に1枚のみ購入して、フロント用は社外品で準備したほうが安くできますし、好きなデザインが選べます。

純正品はメーカーのロゴが入っていますが、社外品であればそれもないので、車の買い替えでメーカーが変わっても使い回せます。

フロント用は社外品を用意して、車の買い替えの都度前車から外して使うのが賢いと思います。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較