新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ マルチビュー搭載リヤカメラ

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ マルチビュー搭載リヤカメラの画像です。

プラド150後期型には、メーカーオプションでマルチテレインモニターというマルチビューカメラシステムが採用されていますが、これがMOPナビとセットになっていて、60万円前後の高額オプションとなっています。

しかも、マルチテレインモニターの設定はTX-L以上のグレードにしかなく、TXでは市販品で対応するしかありません。

そこで、フロントとリヤにそれぞれKENWOOD CMOS-310 マルチビュー搭載カメラ【後継機種:KENWOOD CMOS-320 マルチビュー搭載カメラ 】 を装着することにしました。

このカメラの良いところは、カメラそのものの機能が充実していることに加えて、汎用RCA出力に対応しているので、メーカーを気にせずに好きなナビに接続できるというところです。

ヘッドユニットには、メモリーナビ クラリオン NX712W を選び、バックカメラ入力ケーブル 汎用オプションカメラ 接続ケーブル を使って接続しています。

カメラ側にガイドライン表示やその調整機能が内蔵されているので、クラリオンのナビでも問題なく使えます。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ KENWOOD CMOS-310マルチビュー搭載リヤカメラ

ビュー切替スイッチで5つのビュー(後継品の320は4つ)が選べますが、普段はこちらのスーパーワイドビューにしています。

これだと、通常のバックモニターとして使えるほか、左右の状況もワイドに映し出してくれるので、例えば、駐車場からバックで出ようとしたときに、左右から車や人が近づいていないか確認しながら車両後方の確認も同時にできます。

普通のバックカメラよりもかなりワイドに映し出してくれるので、ボディが大きめのプラドでも駐車場の出入りがとてもラクに行えます。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ KENWOOD CMOS-310マルチビュー搭載リヤカメラ

スーパーワイドビューのほかには、通常のバックカメラとして使うワイドビュー、真上から見下ろしたイメージの俯瞰ビュー、ワイドビューと俯瞰ビューを同時に映し出すP in Pモード、左右の状況を映し出すコーナービューという4つが用意されています。

これだけのビューをたった1台のカメラで実現してくれるのは本当に便利です。

状況に合わせてビューを使い分け、メーカーオプションのクリアランスソナーと併用することで、下回りの視界の良くないプラドでも常に安心して運転でき、うっかりキズをつけてしまうようなことも防止できます。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ KENWOOD CMOS-310マルチビュー搭載リヤカメラ

取付場所は、純正バックカメラと同じ位置にしています。

本当はもう少し目立たないように付けたかったのですが、あまり埋め込んでしまうとコーナービューなどの視界に支障が出るかもしれないので、これでOKです。

映像は、シフトレバーのリバースと連動していますが、コーナービューやスーパーワイドビューは、車線変更の際のブラインドスポットモニターとしても使えそうなので、常時映し出せるようにする方法なども考えていきたいと思ってます。

それにしても、これだけ多機能で、接続するナビも限定されない便利なカメラが、実売価格で1万円台というのは非常に安い気がします。

自分の場合は、クレールオンラインショップ で、ケーブル類やナビ本体もすべて格安で揃えて、ディーラーに送ってもらって納車前に格安で取り付けをしてもらいましたので、非常に安くこれだけ便利なシステムを組むことができました。

納車予定の方もすでに納車済みの方も、ぜひ参考にしてください。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較