新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ 中期型のオーナメントパネルを後期型TX-L用に交換

プラド150 2013年型中期型に、後期型TX-L用オーナメントパネル(インパネガーニッシュ)を取り付けました。

プラド150中期型TXのオーナメントパネルは、艶のあるブラックパネルで、それ自体の質感は悪くないのですが、内装が真っ黒すぎてちょっと気になってました。

プラド150中期型オーナメントパネル(インパネガーニッシュ)はピアノブラックだが室内が黒一色で寂しい

中期型TX-L用の木目調パネルに交換することも考えたのですが、交換するなら他の部分も全部交換しないとバランスが悪くなるし、とりあえずそのままで我慢してきました。

そこへ、2017年のマイナーチェンジで、内装が大幅に変わり、TX-Lの木目がオーナメントパネル1か所だけになりました。

しかも、金属調加飾が付いて高級感が増した上に、ブラック内装用にはダーク系の木目調が採用されるようになりました。

これなら、オーナメントパネルだけを木目調に交換しても違和感がないはず!ということで、早速後期型TX-L用木目調オーナメントパネルを取り寄せてみました。

プラド150後期型用金属加飾付木目調オーナメントパネル、ブラック内装用

前期型や中期型との違いは、金属調加飾が付いて質感がアップしたことと、ベージュ内装とブラック内装でそれぞれ木目調の色が専用になったこと。

また、後期型TX-Lではパワーウインドウスイッチパネルなどが木目調ではなくなり、木目調となるのはこのオーナメントパネルのみ。

なので、ここだけ交換してもこれまでより違和感がないのです。

形は変わっていないので、中期型にもそのまま使え、交換するだけです。

プラド150中期型に後期型TX-L用オーナメントパネル(ブラック内装用)を取り付け

黒一色だった内装に品の良いアクセントが入り、かなり高級感出ました。

センターコンソールのピアノブラックパネルと違和感あるかなーと思いましたが、あまり気にならないです。

やはり、ダーク系の木目調であることと、金属調加飾が付いたことが、かなり効いていますね。

これが、中期型TX-L用のパネルだったら、ここだけ交換したらかなり違和感あったと思います。

交換も簡単だし、価格も4000円程度なので、これはお手軽イメチェンとしてはおすすめだと思います。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較

Cyber Garage Ranking