新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クロームメッキドアハンドルカバー

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クロームメッキドアハンドルカバーのインプレです。

プラド150は、ドアハンドルがボディ同色となっていて、純正オプションでもドアハンドルカバーの設定がありません。

そのままでもいいのですが、ちょっと高級感を出したいということで、メッキドアハンドルカバーを装着しました。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ウェルスター クロームメッキドアハンドルカバー

ドアハンドルカバーには、ハーフタイプとフルカバータイプがありますが、こちらの商品はフルカバータイプで、スマートキーにも対応しています。

ドアハンドルカバーは意外に高いのですが、ヤフオクでは数千円の安いものも多数出回っています。

しかし、バリが多かったりフィッティングが悪かったりと、粗悪品もあるようなので、評判の良いウェルスター製のものを購入しました。

ボディ同色のままでもいいかなと思っていたのですが、5,000円ほどで出品されていたので思い切って購入しましたが、装着してみたらかなり高級感がアップし、購入してよかったと思いました。

プラド150のスマートキーは、ドアハンドルを握るとドアロックが解除され、ドアハンドル上部のセンサー部にタッチするとロックされるという仕様になっていますが、この商品は、センサー部に孔を開けることでフルカバータイプながらスマートキーに対応させています。

ただ、ドアロック解除についてはまったく問題ないですが、センサー部にタッチしたときの反応がやや鈍いことがあります。

また、写真のようにセンサー部が目立ってしまうというデメリットもあります。

ハーフカバータイプだとこのあたりの問題は解消されるのですが、フルカバータイプは遠くから見るとドアハンドルそのものがメッキ処理されているように見えるので、より高級感が増します。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ウェルスター クロームメッキドアハンドルカバー

近くで見るとカバーであることがわかりますが、このようにボディ全体を見たときはまったく違和感がなく、最初からメッキドアハンドルになっているかのようです。

また、この車のようにアルミホイールのリムがメッキだと、メッキドアハンドルがとても似合います。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ウェルスター クロームメッキドアハンドルカバー

後期型は、メッキリヤガーニッシュが大型化されているので、それとのマッチングも非常に良いです。

ノーマル状態と比べるとかなり高級感が増しています。

小さなパーツですが車格が大幅にアップしますので、これはおすすめです。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較