新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバーの装着画像です。

プラド150には、純正オプションとしてシートカバーが設定されていますが、10万円近くするので、社外品で安く抑えようと思い、ネットで評判の良いクラッツィオのシートカバーを選択しました。

プラド150は、グレードによっては本革シートが標準装備されますが、TXは布シートになります。

布シートの生地はマイナーチェンジで変更されましたが、毛玉が付きやすく、ブラック内装に対して真っ黒ではないので気になります。

それらの問題を解消し、シートの汚れ防止やインテリアの高級感アップに貢献してくれるのがクラッツィオ シートカバー 本革パンチングレザー のシートカバーです。

クラッツィオのシートカバーにはタイプがいくつかあり、 本革パンチングレザータイプは最高級タイプで7人乗り用は定価が約5万円ですが、こちら で1万円ほど安く買えました。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー本革パンチングレザー

1列目の装着画像です。

まだ装着したばかりなので少しシワがありますが、だんだん馴染んでくると自然な本革シートに見えるようになってきます。

カバーの裏に低反発スポンジが入っているので、全体的にシートのボリュームが増し、座り心地も良くなります。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー本革パンチングレザー

2列目の装着画像です。

車種専用の説明書があり、画像入りで丁寧に解説されているので、自分で取付が可能です。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー本革パンチングレザー

3列目の装着画像です。

3列目は意外に取付に苦労し、途中で面倒になって少し雑になってます(笑)

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー本革パンチングレザー

2列目のセンターアームレストもこんな感じで高級感が出ます。

取付に必要なヘラも同梱されているので、自分で用意するのは樹脂パーツの脱着に必要なドライバーくらいです。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ クラッツィオシートカバー本革パンチングレザー

本革なので質感は高く、パンチング加工により通気性も確保されています。

純正の本革シートと違い、汚れても取替えが簡単なのもシートカバーのメリットです。

ただし、取付は大変で、根気と体力が必要です。自分の場合、過去に一度他車でシートカバーの取付経験がありますが、それでも8時間くらいはかかりました。

確実に指が痛くなりますし、とにかく疲れますので、とりあえず1日目は1列目、2日目は2列目といった感じで作業を進めていくのもいいかもしれません。

取付のコツとしては、とにかくグイグイ押し込んでグイグイ引っ張るということです。

一応サイドエアバッグにも対応していて、サイドエアバッグ付近は糸が切れやすくなっているので注意が必要ですが、全体的には革の伸びを利用して多少強引なくらいの感じで作業していく必要があります。

装着してみた感想は、内装のブラックの樹脂パネルとも色や質感が合っていて、インテリアの高級感は確実にアップしたという感じです。

破れたり汚れたりしたら、パーツ単体での販売もしてくれるようですし、お手軽に本革の感触と見た目が味わえるという点でもおすすめだと思います。

購入は、リムコーポレーション がおすすめです。安い上に、メーカーに在庫があればすぐに送ってくれますので、納車待ちの間に注文しておけば余裕で間に合います。

なお、発売直後で後期型用の適合がはっきりしていませんでしたが、前期型用のものが特に問題なく使えました(その後、メーカーのブログで前期型と変更無しと正式に発表がありました)。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較