新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ オートリトラクタブルミラー

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ オートリトラクタブルミラーのインプレです。

プラド150は、標準ではオート格納ミラーは付いていません。

いまや軽自動車でも標準装備が珍しくないのに、300万円以上する車に付いていないのはどうかと思いますが、一応ディーラーオプションでオートリトラクタブルミラーが設定されているので、これを装着しました。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ 純正オプション オートリトラクタブルミラー

プラド150のドアミラーは、位置が高く大きいので、車の近くを通るときにけっこう邪魔になります。

車の横幅が1885mmもあり、どうしても駐車場では隣の車との距離が近くなってしまうので、邪魔にならないようにミラーは格納しておきたくなります。

毎回スイッチで格納するのは面倒ですが、オートリトラクタブルミラーを装備することで自動で格納/復帰が行われるようになります。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ 純正オプション オートリトラクタブルミラー

オート格納ミラーの動作は、メーカーや車種によって違いがあり、ドアロック解除後にドアを開けたときに復帰するものや、エンジンをかけたときに復帰するものなど、いろいろなパターンがあります。

プラド150のオートリトラクタブルミラーは、ドアロックで格納し、ドアロック解除ですぐ復帰する仕様になっています。

この仕様の良いところは、ドアロックの状態とドアミラーの格納状態が完全に連動しているということで、ドアロック中なのか解除中なのかを、ドアミラーで判断することができます。

例えば、車から少し離れた後で、「ドアロックしたっけ?」と不安になったときでも、ドアミラーの状態を見ればドアロックの状態もわかり、これが意外に便利です。

取付費込みで2万円弱と、価格もそれほど高くないですし、これはぜひ付けておきたい装備といえるでしょう。

ディーラーオプションなので、納車後に付けることも可能です。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較