新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ロックスター557 22インチ

プラド150 2013年マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ ロックスター557 22インチの画像です。

プラド150には、純正オプションとして、TRDの18インチ、ジャオスの17インチ&20インチのアルミホイールが設定されていますが、どれもガンメタ塗装でホワイトボディにはあまり似合わない気がして、価格も高いので候補にはなりませんでした。

フルエアロのボリュームのあるボディなので、純正の17インチではバランスが悪く、22インチあたりをターゲットにして楽天市場 で探していたところ、覇王 -HAOU WHEELS- というショップとWheel and Tyre shop WAT というショップで22インチとしては超お買い得なアルミ&タイヤセットを見つけ、すぐに問い合わせしました。

どちらの商品もタイヤは中国製などのおまかせブランドということになっていましたが、少々不安があったので、国産タイヤに交換をお願いしたところ、Wheel and Tyre shop WAT のほうからわずかな価格アップで希望のタイヤをつけてもらえると回答がありました。

とても親切な対応で、大径ホイールを安く買いたい人にはおすすめのショップです。

Wheel and Tyre shop WAT で買ったアルミホイールが、Rockstarr(ロックスター)557の22インチです。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ22インチアルミロックスター557

ブラックとメッキのコントラストが目を引くホイールですが、実はこのブラックの部分はインサートパネルといって取り外しが可能なプラスチックパネルになっています。

インサートは5枚に分割されていて、六角ボルトで固定されていますので簡単に取り外すことができますが、六角ボルトは15個もあるので、4本分外すとなるとそれなりに時間はかかります。

実は、納車後にこのインサートを外して全面メッキで乗るつもりだったのですが、実際に外して見ると、センターキャップがボルト1本だけで固定されることになるので、緩んでいないか定期的にチェックする必要がありそうです。

結局、当分インサートは残したままにし、そのうちシルバーなどに塗装することにしました。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ22インチアルミロックスター557の乗り心地

サスペンションはノーマルで、今後も交換予定はありません。

22インチだと、ノーマル車高でもそれほど違和感はないですね。フルエアロのボディとのマッチングも良いと思います。

22インチ乗り心地ですが、ノーマルサスペンションと柔らかめのNITTOタイヤのおかげもあって、とても快適です。もちろん、純正の17インチと比べればゴツゴツしますが、一般道では不快感はまったくないです。

タイヤの幅が265なので、40でもタイヤの厚みがある程度確保されていて、実用上なんの問題もない感じです。このあたりは、本格オフロード四駆ならではですね。

24インチも考えましたが、価格の問題と、タイヤが薄すぎてローダウンしないと似合わなくなるという心配があり22インチにしましたが、正解だったと思います。

車高の高さもプラドの特徴のひとつですから、なるべくノーマル車高で乗りたいという思いがありサス交換は考えていないので、22インチはベストチョイスだったと思います。エアロが無ければ20インチでもバランスがいいと思いますけどね。

新型プラド22インチアルミ

実は、最初は純正アルミのままで乗る予定だったのですが、エアロ付きだと純正アルミではバランスが悪くなりそうだったのと、格安の22インチアルミ&タイヤセットを見つけることができたことから、思い切って納車時に装着してもらいました。

納車前に撮った純正アルミの状態と、納車後の22インチアルミの状態を比較すると、車の雰囲気がかなり変わっているのがわかると思います。

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ22インチアルミロックスター557

ホイールのサイズは、8.5J、インセット+20です。タイヤサイズは、265/40R22です。

ショップの話では、ほぼツライチで個体差によってはみ出る場合もありえるということでしたが、装着してみると、まだ数センチ余裕があります。

エアロが付いているので、少し内側に入っているように見えるというのもあるかもしれませんが、計算上は9.5Jの+15くらいがちょうどよいのではないかなという感じです。

斜め後ろから見ると、メッキのディープリムとメッキドアハンドルがよくマッチして、高級感が増していますね。

それにしても、22インチのアルミホイールと国産タイヤのセットが20万円以下で買えるとは、良い時代になったものです。

メッキなので腐食などが心配ですが、納車日にワックスがけをしましたし、マメに洗ってきれいに保ちたいと思います。

できるだけ安く22インチを手に入れたいという方は、Wheel and Tyre shop WAT 覇王 -HAOU WHEELS- を定期的にチェックしていると、展示処分などの特価品が手に入ることがありますよ。

プラド150マイナーチェンジ後期のパーツリストに戻る



ライバルSUV徹底比較