新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期モデリスタエアロ デイライト付LEDヘッドランプ

プラド150後期2013年マイナーチェンジの変更点デイライト付LEDヘッドランプです。

2013年9月のMCでの最も大きな変更点といえば、フロントマスクの大幅なイメージチェンジです。

その中でも特に目立つのが、このデイライト付LEDヘッドランプです。

内側に斜めに4つ並んでいるLEDが、デイライトになります。

新型プラド150MC後期デイライト付LEDヘッドランプ

デイライトとは、夜間だけでなく日中でもスモールランプと独立して点灯したままにできるランプで、被視認性を高めるものです。

プラドは車体が大きいので比較的目立ちますが、デイライトがあれば遠くからでもその存在により早く気づいてもらうことができ、安全に走行できます。

ライン発光とかではないので、一世代遅れている感じはありますが、それでもクロカン4WDとしてはまだ珍しいので先進性が感じられます。

そして、ヘッドランプもプロジェクター式LEDとなっています。

これまではハロゲンランプの設定しかなく、自分でHIDに交換している人も多かったようですが、これでその必要もなくなりました。

ただし、LEDヘッドランプは、これまでは光量の問題で3連や2連のプロジェクターになるのが当たり前だったのですが、新型プラドでは1つだけです。これで光量は足りるのでしょうか?

LEDヘッドランプの明るさについては、納車後にあらためてレポートしたいと思います。

なお、デイライトは夜間のクリアランスランプ(車幅灯)の役目も果たしますが、車幅よりもかなり内側に寄っているので、車が小さく(=遠く)見えて、危ない気がします。

夜間はフォグランプも常に点けておいたほうがよさそうです。フォグランプがH16型になり、省電力で暗いバルブになりましたので、常時点けておいても他車の迷惑にはならないと思います。

なお、ヘッドライトの側面には「LAND CRUISER」の文字が入っています。

新型プラド150MC後期LAND CRUISERの文字

LEDヘッドランプは、4.0L車のみ標準装備で、2.7L車はメーカーオプションとなります。

メーカーオプションの価格は、なんと約12万円とかなり高額。

高額な理由は、もちろん信頼性の高いLEDを使用している(と信じたい)ことと、もうひとつ、ヘッドランプクリーナーが付いているから。

なお、2.7L車は標準ではハロゲンランプとなりますが、ライト内部のデザインも異なり、雰囲気がずいぶん変わりますので、購入の際にはよく考えたほうが良いです。

あとからHIDに交換したり社外品に交換する予定があるとか、ハロゲンランプのほうがデザインが好きという場合以外は、リセールのことも考えて付けておいたほうが無難だと思います。

ハロゲンランプのデザインについては、オプション用品カタログ(2013年9月版)の表紙や1ページ目などを見れば確認できます。

マイナーチェンジの変更点に戻る



ライバルSUV徹底比較

Cyber Garage Ranking