新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ エアロスタビライジングフィン

プラド150後期2013年マイナーチェンジの変更点エアロスタビライジングフィンです。

2013年9月のマイナーチェンジで新たに採用された装備で、一番地味かもしれないのがエアロスタビライジングフィン。

リヤコンビランプの側面の真ん中の赤い部分に2箇所、少し盛り上がっている部分がありますが、これがエアロスタビライジングフィンです。

新型プラド150MC後期エアロスタビライジングフィン採用

これで気流に渦を作り、車体を左右から押さえつけて車両を安定させるのだそうです。

ドアミラーの付け根部分にも同じようにエアロスタビライジングフィンが装備されていて、フロントとリヤでしっかりボディを押さえつけて安定させます。

後期型は、サスペンションのセッティングも変更されてより安定感のある走りになっているので、特に高速での走りではエアロスタビライジングフィンの効果もあってかなり良くなっているのではないでしょうか。

ところで、室内の静音化の定番アイテムとなっているエーモンの「静音計画 」から、風切り音低減フィンセット というものが出てます。これって、エアロスタビライジングフィンと同じじゃないでしょうか。だとすると、風切り音も前期型より少なくなっている可能性がありますね。

エーモン工業★静音計画 2642風切り音低減フィンセット

価格:980円
(2013/10/18 16:40時点)
感想(5件)

今回のMCは、外観の変更ばかりが目立ってしまっていますが、実は快適性もかなり向上しているのではないかと思います。

マイナーチェンジの変更点に戻る



ライバルSUV徹底比較

Cyber Garage Ranking