新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ

新型プラド150マイナーチェンジ後期(中期)モデリスタエアロ センターアームレストスライド

プラド150後期2013年マイナーチェンジのセンターアームレストスライドについてです。

プラド150には、超幅広のセンターアームレストが装備されています。個人的に、センターアームレストの幅が広ければ広いほど高級感があるように感じるので、プラドはまさにツボでした。

センターアームレストは大きな収納ボックスになっていて、エアコンの風を中に送り込めるようになっていたり、トレイ付きで二段になっていたりと、とても多機能で使い勝手が良いです。

そして、さらにスライド機構がついています。でも、スライドさせたときの画像があまり出回っていないようなので、載せてみました。

新型プラド150MC後期センターアームレストスライド

スライドさせると、センターコンソールの穴やスイッチの空きを埋めるパネルなども視界に入らなくなるので、その点もマルです。

角度の調整ができないという点ではミニバンの独立したアームレストには負けてしまいますが、肘を置く面積がとても広く、クッションも気持ちいいので、使い心地はとても良いです。

これだけ幅があれば助手席の人と取り合いになることもないですし、大きな車に乗っているという実感がわき、ゆったりした気持ちになれます。

後席から見ると、次のように見えます。

新型プラド150MC後期センターアームレストスライド

ミニバンと違い、大きなセンターコンソールにエアコンの吹き出し口がついていて、高級セダンのような雰囲気があります。

セカンドシートの居住性や座り心地ではミニバンにはかないませんし、前後のウォークスルーもできない不便さはありますが、この落ち着いた雰囲気はミニバンとは違った良さがありますね。

高級セダンからの乗り換えでも、インテリアの雰囲気はあまり違和感を覚えないと思います。ただし、細部の質感などを見ると見劣りする部分は多いので、細かい部分の質感まで高級セダンのレベルを求めると不満が出てくると思います。

プラド150は、大らかな気持ちで乗ってこそ満足できる車ですし、また、そういう気持ちにさせてくれる車です。

プラド150マイナーチェンジ後期の特徴とトリセツに戻る



ライバルSUV徹底比較

Cyber Garage Ranking